スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

スネーク・ベッドショウの女王・轟竜子の映画出演作

Category - 何となくメモ
◆[どどでもよかった日記]
・2010.1.29。サイモン・フィン来日ライブ@東高円寺UFOクラブ。
直前に渋谷シネマヴェーラで見物した旧作ニポン映画2本立てのうちの1本。
『セックスドキュメント・性倒錯の世界』(監督・中島貞夫、1971年、東映)に
写真集『蛇と妖女』(昭和46年、清風書房)のスネークダンサー3人のうちの
主役格、轟竜子の出演場面がありまぢだ。

todorokiryuko.jpg
↑この表紙のヒトが轟竜子。

映画ではレスビアンと紹介されていて、90年代シブヤ・ヤマンバぎゃるのルーツのような
隈取りし過ぎの舞台化粧や、代表的演目のブアナ・イン・アフリカ・ショウの実演、
お部屋で同居している大蛇ボアの口に生肉の山をせっせと押し込んで食べさせている場面
などが印象的。
見世物小屋とは全く別系統ながら、見世物ふぁんは要ちぇっくの1本だったんでした。

ひさびさに、本棚から写真集『蛇と妖女』をとりだしてパラパラ眺めていると、
巻末解説文に、轟竜子の略歴紹介や、この大蛇の来歴について、
いままで気にもとめなかった興味ぶか毛な話。

轟竜子嬢は、女性プロレスの出身で、ショウダンサーに転向後、
アメり力ぐんキャンプでのスネークショウに代役出演したのをきっかけに
オリジナルのスネークマンボなど独自の蛇芸に開眼。
大阪や九州などに轟竜子ショウを名乗るニセモノが出没するほどの人気で、
遂には、轟竜子ショウを映画化する企画を、石原プロ(どこの?)
が持ち込んできた、と。

映画撮影に使うスネークショウのお相手役として、それまで300匹以上も飼い殺して
しまったという青大将では見栄えが貧弱だというので、アミメニシキヘビを購入。
映画化の話は頓挫したものの、1年がかりで飼育したのがこの写真集に
登場するボアくんなのだそう。
映画『セックスドキュメント・性倒錯の世界』では、大蛇が「ポア2世」と呼ばれていた
ようだったので、たぶん、石原プロ製作のまぼろしのスネーク映画に出演する
はずだった映画スターなりそこない蛇の夢を、晴れて実現した2代目だったのでしおか?

轟竜子のほかには、60年代ニポン女装界の大スター、銀座ローズも出演。
夫、ヘラクレス武藤とのしみじみした夫婦生活、弟みたいな妹・静子嬢。
継子いぢめの辛苦をわけあった兄弟姉妹たちのフクザツな表情に囲まれながら
亡父の墓石の前で追悼の女装日舞を舞う銀座ローズのアデ姿がまちらす
有無をいわさず支離滅裂に圧倒的な存在感や説得力が凄すぎて、駄作中の駄作
としていつまでも眠っていても誰も困らなさそうなこの映画を、
途中で眠らずに見てよかったと思わせてくれたのでぢだ。。
東郷健サンの体当たり的熱演もよかった。
帰宅後に検索ぴこぴこでこれも久々にのぞいた
三橋順子せんせいHPの「日本女装昔話」
http://www4.wisnet.ne.jp/~junko/jw3_3.htm
第17回「和製ブルーボーイ、銀座ローズ」の巻もベンキョー(?)になりまぢだ。
(画像資料4点いり。レコード「女の運命」へのおタッチは抜き。)

さらにますますどどでもよいのですが、
日本映画データベースの「1971年 公開作品一覧 392作品」
http://www.jmdb.ne.jp/1971/a1971.htm
をみると、本作が「博徒斬り込み隊 」(監督・佐藤純弥(弓+爾)、脚本・中島貞夫他)
の併映添え物映画として10.14-10.26まで封切り公開されたことになっていて、
日活ロマンポルノ第一作に先立つことぼぼ1と月の、五社系おピンクまがいの1本
だったことが確認できますねぺ。。。

今回の渋谷シネマヴェーラでの上映にはおマ毛で、
中島貞夫かんとく+松江哲明かんとく+モルモット吉田氏のトークショウつき。
中島かんとく開口いちばん「40年ぶりに見ましたが、とにかく疲れる映画」。
「家畜人ヤプー」映画化の話は、古本で買った雑誌「風俗奇譚」で森下氏が
あれやこれやあげつらっていたのを読んだオボロな記憶から、何が聞けるか
楽しみにしていたのですが、具体的な話はあまりでず、肩すかしぎみに
終わったのでぢだ。。



[関連]どどいつ文庫お取扱いの蛇つかい芸人本

ヘビは生きている!蛇つかい芸人とインチキ解毒薬の行商人たち in オーストラリア

snakesalive.jpg

↑ ホ~モ頁未紹介ですが店頭在庫1冊あります。
詳細は当店・どどいつ文庫までお問合せください。

★その他、誤あんない中の見世物アイドル関連本リストコチラでどうぞ。

misemono.jpg

http://www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/misemono.html



Category - 何となくメモ

写真集 映画 スネークショウ LGBT 女装 見世物

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。