スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

魔人ヒジカータ第一夫人と澁澤龍彦・妹の元恋人の頓死事件の黒い風聞

Category - 何となくメモ
暗黒舞踏大棟梁・土方巽の生涯とお仕事を初めて英語読者むけに紹介した本とゆう
煽り文句のステファン・バーバー著『ヒヂカータ:肉体の叛乱』の再刊ばあじょん本を、
去年の暮からホ~モ頁で誤あんないしておりまする。

hijikata.jpg

http://www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/index70.html#101231

著者バーバーさん唯一の(!?)持ち味らしき屍姦まにあ的残酷あ~と偏愛趣味の
オニギリ型にヒジカータを押し込んで出て来た犯罪と男色と売色まみれの暗黒魔人幻想は、
データ的なうらづけがほとんど省略されているのにもかかわらず、
ヒジカータそのものを呑み下してしまうほど黒黒とした後ろ影を切り抜きとっていて、
ニヲイだけはしっかりなすりつけられているかんぢ。

ドナルド・リチィーと若き日の土方巽のカラミ、
ニウヨウクを拠点に活動する映画監督・栗原奈名子氏がニウヨウク大学に提出した
博士論文からの引用、
晩年の土方巽が海外ヂャーナリストを威嚇するために
テーブルの上にのっておスシを足でふみつぶしてみせたエピソード。
など、英語圏の著者ならではの素材も盛られてはいて、
事実かんけーにはコダワラない駄本ふぁんには、おススメしても大丈夫な本かと。。

ペラペラ薄くてお手軽な『ヒジカータ』に対し、圧倒的にぶあついかき揚げよりもぶ厚いのが
土方巽 絶後の身体』by 稲田奈緒美(2008,日本放送出版)。
ダンスや踊りに精通している一方で軽々と瀧口修造も吉田一穂も学生うんどーも
一太刀で切り捨てる豪胆な著者が、
60年代70年代当時の土方巽かんれん雑誌記事の切り抜きの山と、関係者証言の山をうねうねと並べ、
推定・推測でつなぎあわせて土方氏の芸術的生涯をたどったこの大冊。
インターネット上で手軽にみることのできる土方巽関連の動画や画像では見ることも知ることも
ムツカシー馬鹿王主催の恍惚と恐怖の心神喪失的ヅンドコ舞踏会の失神失禁現場からの直送レポートが、
日々薄れていくキラ星のような1960年代アングラ文化人・芸術家の大群をつづれ織りともども満載。
女性週刊誌の古本をまとめ読みするようなヲモシロさは満点で言う事なしなのですが、
手当たり次第っぽく色々書いてあるだけに、ソレもコレももっとネチネチほぢってくれていれば
と読者としての際限なしのおネダリで甘えたくなることも読書中しばしば。

もっとホヂって欲しかった話のひとつは、
土方九日生の最初の結婚相手だった本岡テル=音来サヒナ氏のこと。
津田信敏舞踊塾所属の女流アヴァンギャルド舞踏家・音来サヒナ氏のおしごとを、
もももーっと紹介してほしかったし、
夫・土方氏が、津田信敏氏の妻だった元藤子氏との2度めの結婚に走り去っていった後、
土方氏との間にこさえた2人の子どもを育てるために舞踏界を離れ、体操教師に転向。
若くして病死したとゆう本岡テル氏の、女性前衛芸術家としての未完の半生や
昭和のヲンナとしての一生を、きょうきのうの世界的な女性アーチスト再評価ぶうむを追い風に
改めてどこかで誰にでもいいのでネチッコク迫ってほしーなーと。

もひとつは、青年期の土方氏に黒い芸術家魂を注入した「アルシミスト」の会。
のワルぅい先輩たちのひとり黒木不具人氏のこと。
インターネットりで黒木不具人氏を検索するだけでも、
土方巽 絶後の身体』では不採用になっている興味ぶかげな挿話が2つ蟻。

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ 
篠原有司男インタヴュー1 2008年9月17日
http://www.oralarthistory.org/archives/shinohara_ushio/interview_01.php
篠原有司男氏に東京芸大の伝統芸「よかちん」を教えた藝大ラグビー部のモテ男で
澁澤龍彦の妹嬢のどちらかが当時の恋人だったとゆう関谷光三こと黒木不具人氏。

いはゆるアプレゲールの末路を絵に描いたような黒木不具人氏の末路を、交遊のあった
宣伝デザイナー・高橋経サンという方が証言されている「魔薬と私」HP。。
http://jacircle.blogspot.com/2009/08/1.html

ヒジカータ』『土方巽 絶後の身体』を経由すると、
1955年前後の土方九日生と黒木氏の交流もカンタンぽく架空再現できそうで、
だから何ということは一切なんにもあり得えずの、どどでもよくてずびばぜん。。

*このどどでもよい記事にここまでガマンして頂いた方、先着1名さま限定で
当店在庫ぶん『ヒジカータ』を特価¥1000円ぽっきりでお譲りします。
ご興味おありの方は大至急に「どどいつ文庫」あてお連絡ください。

*関連りんく01-「舞踏登場前夜/戦後日本のモダンダンスと大野一雄」by國古和子
PDF論文
http://www.meijigakuin.ac.jp/~gengo/bulletin/pdf/25Kuniyoshi_p6.pdf

(音来ヒサナ公演関連)
*関連りんく02-60年代前後をふりかえる その肉体性の奪還 by 及川廣信
http://sites.google.com/site/oikawahironobu/Home/60nendai
60年代の幻想と空白 by 及川廣信
http://sites.google.com/site/oikawahironobu/Home/oikawa-60s





Category - 何となくメモ

入門書 ジャン・ジュネ ホ~モ頁 ビートニクス 女性アート ダンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。