スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

失踪する疾走者たち:アピチャッポン・ウィーラセタクンとポライロイド・キッズ

Category - 何となくメモ
★アピチャッポン・ウィーラセタクン★Apichatpong Weerasethakul (Filmmuseumsynemapublikationen)
編=James Quandt
*出版元:Wallflower Pressの紹介頁
Apichatpong.jpg
http://www.wallflowerpress.co.uk/product/film-media/Apichatpong_Weerasethakul

Mobile Men by Apichatpong Weerasethakul

http://www.youtube.com/watch?v=zIK3ctC1DP0

*ユウチウブ動画でこの短編「Mobile Men」を初めてみて、呆れるほど瑞々しい映像にビックラ。
驚きすぎて、アピチャッポン・ウィーラセタクンとゆう名前も憶えられないほど驚きました。
ニポンでも数年前に特集上映もされていて、去年2010年にはカンヌ映画祭でも何かを受賞した
凄い監督なのだとか。上記の本は、監修がオーストリア映画美術館。ベネディクト・アンダーソン,
トニー・レインズ(映画評論家), ティルダ・スウィントン(デレク・ジャーマン映画の女優)他
の共同執筆とゆうことなのですが、そんな話を途中で放置して、アピチャッポンといえば
ポラロイド・キッド。
とゆいますか、ポラロイド・キッド(The Polaroid Kidd)ことマイク・ブロディ(Mike Brodie)さん
の写真(とゆうてもネット画像)をみていたら、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の
「Mobile Men」でビックリした記憶がフラッシュバックしてきたのでした。

Mike Brodie aka "The Polaroid Kidd"
polaroidkidd.jpg
http://www.needles-pens.com/polaroidkidd.html

ポラロイド・キッド(=マイク・ブロディ)写真展 @ Casa del Lago(どこでしょ?)の動画

http://www.youtube.com/watch?v=2EbEJ4vBUn0

アピチャッポン映像は桃源郷への旅、ポラロイドキッド映像は冥土旅、目指す方向は正反対
のように見えながら、裏も表もないほど着込んだ1枚の肌着でこさえたメビウスのおしめの
表と裏のようにな印象をかんぢるのですが、どどでしょか????

☆おメエルはどどいつ文庫へどうぞ。





Category - 何となくメモ

アピチャッポン・ウィーラセタクン ポライロイド・キッズ 映画 写真家 ホ~モ頁未紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。