スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

ミスカトニック書店と幻想作家C・A・スミスのお絵描き&石窟アート

Category - 何となくメモ
*今年2013年も残りあと約50週間、スタート以来むだな試行錯誤ばかりの当ブログの書籍誤あんない、今年の試行錯誤その1は、日記めも風でやってみるとこに。今回はさっそくその第1回めでありまする。。。

X月X日

・現在のBGMは、つのだ☆ひろ司会のラジオから流れる、かまやつひろしのコミック演歌「(け、)結婚してちょ(っちょ)」。軟弱ですばらしー歌いっぷり。次の「フリフリ」はエヌエチケイ放送ならではのゆるい音質調整でがっかり。テンプターズ「帰らなかったケーン」を作ったのも、かまやつひろしだったって知らなかった、と思ったら、かまやつひろしの曲といったら、かまやつ作曲の曲てゆうはなしだったのだすね。。

・名前をみただけでは何が何だかわからないハードデスク内のPDFファイルの整理をすこしこ。
ジョン・クイン(John Quinn)さんとゆうヒトが、アレイスター・クロウリー氏1914年11月訪米時に本人から直接購入した初版本や仮綴じ原稿の綴りが中心のアレイター・クロウリー著作物コレクションを、1923年11月14日午後にニューヨークのアンダーソン・ギャラリーズを通じて売却したときのオークション出品物リスト、
SALE CATALOG FROM THE AUCTION OF THE JOHN QUINN COLLECTION
と称するリストのPDF版があるのですが、そのファイルがある場所のURLを改めて検索してみたら、どこだつたのかわからず、ネット上うろうろちうに、名前からして知っているひとはとっくに知っているのだべすこ的な、充実したお店のなかみがそのまま充実したHPになっているツゴい幻想〜オカルト系の古本屋さんの頁にごっつっこしてしもたのでぢだ。。

Miskatonic Books(ミスカトニック書店)
http://www.miskatonicbooks.com/home.php

・ラブクラフトがA・クロウリーのなにごとかについて触れている箇所を含むクラーク・アシュトン・スミス宛のはがきがオマケについているのだとゆう1964年復刻版の小冊子『ネクロ』(1933)
『ネロ』by クラーク・アシュトン・スミス、*HPラブクラフトからCAスミスへの葉書付き
http://www.miskatonicbooks.com/NERO-by-Clark-Ashton-Smith-and-Signed-Hand-Written-Postcard-by-H.-P.-Lovecraft-to-Clark-Ashton-Smith.html

このぺーじから、ミスカトニック書店の存在を初めて知ったばかりなのですが、ラブクラフトやクロウリーとゆう名前を書いたらバチが当たるほど何も知らない部外者のわだぐぢ(誰?)がちらりと眺めてみても、ひたすら感心するような律儀な説明がたくさん書いてあって、たとえば、この『ネロ』復刻版の発売元だったとゆうRoy A Squiresについて、
ミスカトニック書店ぶろぐには、こんな丁寧な紹介記事が→
https://miskatonicbooks.wordpress.com/2011/02/05/the-chapbooks-published-by-roy-a-squires/

・それやこれやとミスカトニック書店のHP暗示に誘導されたおけげで、ボオドレエルのポエムなどの翻訳もしているとゆう詩人体質で鉱物マニアが嵩じて彫刻づくりにも情熱をそそいだとゆう偏屈ヲノコのクラーク・アシュトン・スミスのまるで雑誌『ムー』読者の交流ひろばあての小学生からの投稿かとおもうほどスバラしひお絵描きや素描、彫刻の数々が並ぶ、それは見事なClark Ashton SmithふぁんHPに到着したのでぢだ・・

Gallery of Art by Clark Ashton Smith
http://www.eldritchdark.com/galleries/by-cas/

・すごく面白そうだけれど読み応えがありすぎるのと画像がないので

・そおして、これからが本屋さんのお仕事、クラーク・アシュトン・スミスの画集探しに取りかかったところ、
The Fantastic Art of Clark Ashton Smith』by Dennis Rickard (1973,Mirage Press)
とゆう絶版本が。

表紙の画像はムウデぃでよさ毛(ポチで拡大可)→
http://www.mycomicshop.com/search?TID=22407561

クラーク・アシュトン・スミスの絵画、素描、岩石彫りが収録され、説明文25ページに図版34ページのオール白黒版とゆうた説明と値段の高さをてんびんにかけた末に発注は保留。

・未刊行のポエムと素描を収録したとゆう600部限定発行の
GROTESQUES AND FANTASTIQUES』by Clark Ashton Smith (1973,Gerry de la Ree)

・文業とアート作品の両方を収録した箱入りの豪華版
Shadows Seen and Unseen, Poetry from the Shadows, Works of Clark Ashton Smith
by Raymond Johnson (2007,HIH Art Studio)
気がついたら、他にも色々、どれも
現在入手可能なC.A.スミスの著作リスト
http://www.eldritchdark.com/writings/in-print

に書いてあつて、知らなかったのはわだぐぢ(誰?)だけだつたような気がしたのはどどでもよいのですが。。

幻のC.A.スミス関連古本目録をめぐる奇妙なはなし
http://ovo127.com/2010/10/27/trevor-blake-weird-tales-of-bookselling/
筆者のひとが1990年代に働いていた古本屋がクラーク・シュトン・スミス関連の貴重書コレクションを買取り、上司のいいつけで、その目録を完成した朝に、同じ上司から、ケーサツからの連絡で盗品だったことが判明したため、元の持ち主に返却することになった、といわれ、自分の手元には、発送されなかった古書目録のリストだけが残った・・とゆうようなお話と、リスト。リストのなかに出てくる聞いたことのない人名を検索ぴこぽこしてみると、ふぁんが描いたラブクラフト挿絵集の作者が有名野球選手(と同姓同名の別人?)だったり、『アーカムハウスのハロウィン』とゆう怪しい本の著者がエゲレスの有名サッカー選手(と同姓同名の別人?)だったりするようなふしぎに首をひねってたりして・・とゆうた調子で、今年もまた半日、むだにちいさな作業でむだに小さくちいさく充実してしまつたなーと、書いたぢぶんが明日には覚えていない話をちょちょめしながら思うきょうも当店ショウルウムはご来店ゼロデーのまま暮れていくのでぢだ。。

ご連絡・お問合せ⇒どどいつ文庫あてどどどーぞ

Category - 何となくメモ

ホ~モ頁未紹介 クラーク・シュトン・スミス アウトサイダーアート 古書店 ミスカトニック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。