スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

大正〜昭和初期の放射能被曝かんれんデジタル本/ 日刊どどいつ文庫・復刊0019号

Category - 何となくメモ
大正〜昭和初期の被曝かんれん本
近代デジタルライブラリ@国会図書館に、放射能被曝の説明や図版がみられる
大正時代〜昭和初期の本や文献がいくつか目にとまったので以下、メモつてみましぃた。

「らぢうむ放射線ノ鼠健康皮膚ニ及ホス作用」by高島恒男;坂田直士(千葉病院長尾博士くりにっく)
『醫學中央雜誌. (167)』(医学中央雑誌刊行会, 大正2年、1913-10)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1733022/14
*ラジウム放射線の皮膚破壊作用の研究。いまから100年ちょい前の本にすでに
アルファ線、ベータ線、ガンマ線が解説されています。。
夜行性塗料に使うラジウムは「健康に影響ありません」と騙された時計工場の女工さんたちが
集団被曝した有名な「ラジウムガールズ」事件で、ラジウム作業が始まった大正6年(1917)年
https://en.wikipedia.org/wiki/Radium_Girls
そlより以前から専門家は放射線被曝を知っていたのですねぃ。。。

『彩色皮膚病図譜. 中巻』 土肥慶蔵, 遠山郁三 著 (南山堂書店, 昭和4年、1934)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1049749/130
「レントゲン潰瘍」の図版(明治四十五年五月の日付いり)あり。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1049749/132
『皮膚科紀要 : 抜刷. 第6巻 第2号 「レントゲン」照射ニヨル皮膚変化ノ実験的研究』
西浦綱一 著
(大正14年 1925)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/934193
皮膚科紀要 : 抜刷. 第6巻 第3号 「レントゲン」線ニヨル毛ノ変化ノ実験的研究
西浦綱一 著
(大正14年 1925)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/934194
皮膚科紀要 : 抜刷. 第6巻 第4号 「レントゲン」線ト末梢神経
西浦綱一 著
(大正14年 1925)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/934195
*「レントゲン」線の有害性についての動物実験の記録。参考文献ちうには島薗順次郎博士の神経学論文も挙げられてい升。。
『レントゲン去勢ニ関スル研究』 (慶応レントゲン学叢書 ; 第1巻) / 福井政憑 著 (南山堂書店, 1926 大正15年/昭和元年)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/934198
『避姙の常識』 野尻与顕 著 (ホーム社出版部, 昭和5年、1930)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1108500/
「X光線による避姙法」の章あり
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1108500/26

デジタル文庫に保存されている大正時代から昭和戦前戦中期にかけての
島津製作所のレントゲン関係目録類もいまみると色々シミジミするものあり升ねー(以下はその一部)
『レントゲン写真図譜 : 内臓検査法』
浦野多門治 編 (島津製作所, 1919 大正8年)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966694
*レントゲン医学写真は下のページから
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966694/41
『島津レントゲン発生装置』 昭和10年版
(島津製作所レントゲン部, 1935)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1023005
『レントゲン室据附図集』 島津製作所 編 (島津製作所工場, 昭和10年、1935)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051666
*「中島式双連超高壓レントゲン裝置、博愛A號及桂號レントゲン裝置、博愛B號及桂號レントゲン裝置
博愛C號及桂號レントゲン裝置、平安號レントゲン裝置、愛宕號レントゲン裝置、ポレスター號、スペシアルポレツクス號及ダイアナ號、ベンチールダイアナ號レントゲン裝置、ヂュノーA號レントゲン裝置、ヂュノーB號レントゲン裝置、ヂュノーC號レントゲン裝置、特型八坂號レントゲン裝置、スタルク號レントゲン裝置、保津號レントゲン裝置・・」
ふるい旅館の客室ごとにつけてある名前みたいなタイプ名を眺めるだけでも時代色むんむんな。。
『エツクス線量計島津イオニメーター』
島津製作所レントゲン研究課 [編] (島津製作所, 1939)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099299

デジタルらいぶらり見物でのらくらしてすっかり時間をむだにしてしまひまひた。。
あした3/4はホ〜モ頁を後進するつもりですす。。

お問合せ・ショウルウムご来訪などご連絡は
すべて⇒どどいつ文庫ホ~モ頁
http://dobunko.web.fc2.com/index.html
経由で当店どどいつ文庫あてにどどどーぞ!

--------------------
◆[PR
140127.jpg


19世紀解剖医学標本まにあコレクシオン写真集

hidariyubishiro_20140221153524d93.jpg次の記事前の記事migiyubishiro_20140221153717b59.jpg

Category - 何となくメモ

放射能 レントゲン X線 ラジウム 被曝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。