スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

ネツト上でみられる永青文庫「春画」展のオマケ的それやこれや

了日12月23日(水)まで会期残り1週間ほどになつた目白・永青文庫「春画展」。平日の昼間から予想以上に大混雑の会場で、作品をぢっくり鑑賞するのは無理なので、見られるものはおウチで見ようと、おみやげ売り場で図録を買って帰ったヒトも多いよおだつたのですが、大英博物館から巡回してきた作品に関しては、大英博物館での「春画展」大英博物館オンラインの収蔵品アーカイブである程度見られるのでは?と思ったヒトも多かったのではないでそか。

● 大英博物館「Shunga:sex and pleasure in Japanese art」展HP

http://www.britishmuseum.org/whats_on/past_exhibitions/2013/shunga/about.aspx

● 大英博物館「Shunga: sex and pleasure in Japanese art」展・告知動画


https://www.youtube.com/watch?v=0X4QFVREb_0

の特設HPには、画像が6点しかないのですが、大英博物館オンラインのコレクション検索で「Shunga」検索をすると300件以上が該当。

● Search the collection:Shunga in the British Museum. Search all

http://www.britishmuseum.org/research/collection_online/search.aspx?searchText=Shunga

ところが、検索結果の画像をもそっと大きく拡大してみてみたくても、拡大できないのが、大英博物館オンライン春画コレクションのさみしいところ。そんなときに使ってみたいのが、ひとつは、世界各地のオンライン美術館の浮世絵画像データベースを横断検索してくれる「ukiyo-e search」のペエジ。

● Japanese Woodblock Print Search

http://ukiyo-e.org/

のペエヂはニポン語でも検索できるのはモチロソ、このペエヂの検索結果で表示される大英博物館オンラインの画像には拡大可能なものも混ざっていたりします。。

そそれと、永青文庫「春画展」に展示されていた艶本をゆっくり鑑賞するのには

● 春画プロジェクトweb展覧会「近世春本・春画とそのコンテクスト」

http://www.dh-jac.net/db12/shunga/index.html

のペエヂのリンクをたどると、立命館大学ARC林コレクションや国際日本文化研究センターの秘蔵本を、画像を拡大しながらゆっくり鑑賞できますす。。

さらももっと春本をベンキョーしたいばあい、春画プロジェクトHPのリンクから

● 立命館大学 アート・リサーチセンター 特別図書検索閲覧システム

http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dbroot/privilege/enter.htm

の検索画面に進み、ジャンル「春本」だけを選択して検索結果をみると現時点で599件のデジタル化された春本をオンライソ上でベンキョーすることができるよおになつています。そんなに春画や春本のベンキョーに精を出すよりは、当店どどいつ文庫のホ〜モ頁を週に1、2度チエツクするだとか、もっとよさ毛なto do リストが他にたくさんありそおな気はしますですが。。

Category - ブックマーク共有ふう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。